?

目に見える変化!仕事の効率化を可能にする人事労務管理システム!

労務管理の新しいカタチ

人事労務管理システムで人事評価における感情的な要素を排除しよう!

キャリアウーマン

人事評価において、社員から大きな不満が出ていることが社内で問題になってませんか?所属長から提出された人事評価において、労務管理データの労働時間や公的資格そして市研修の受講状況が反映されていない、感情的な要素が評価基準となっているケースがあります。そこで、人事労務管理システムを導入して、人事評価に感情的な要因が影響するリスクを軽減してみませんか?
人事労務管理システムは、労務管理データと人事評価を連携させることができ、所属長が提出した人事評価表の問題点を分析することができます。また、感情的な要素が評価に反映されることはパワハラにも繋がります。しかし、人事労務管理システムではコンプライアンス監視機能付きのものも多く、不適切な内容を自動判定し、問題のある内容を警告することができます。さらに入力された情報はアクセスログを残すことができ、人事評価を隠れ蓑にした管理者の問題を早期発見することもできます。
人事評価は数値判定もしくは客観的な判定を行えるシステムであれば、評価を受ける社員からも評価基準が見えやすく、不満の少ない人事異動や昇給を人事部門は発令することが可能です。社員からの不満の声が大きい、人事評価におけるパワハラ行為が問題となりネガティブコストが発生しているのであれば、人事労務管理システムを導入して外部に開かれたものにしてみましょう。

正しい給与支給のために労務管理システムは役に立ちます

働いた対価として、給料日に給料が振り込まれるのは「当たり前」。ですが、そのためには正しい労務管理知識をもって正しく計算する事が必要です。毎年のように行われる法改正。労働基準法だけではなく、社会保険法、年金法、介護育児休業法、さらにはマイナンバーまで。必要とされる知識は膨大で、逐一人事が目視でチェックするのは大変です。
例えば残業代の計算は条件によって計算がかなり細かく決められています。1日8時間以内に収まる残業(法定内残業)であれば支払われる給与は100%。つまり、普通に働いた時と同じ時間単価です。1日8時間を超えた時は125%。1日8時間以内でも、週6日勤務だったりして週40時間を超えた分があればそれもまた残業として125%。そんな残業が月合計で60時間を超えると、150%にます。また、法定休日に出勤すると135%です。
これが分単位なのか、時間単位なのか、月合計で丸めるとしたら…等々、手計算ではかなりの負担です。
これが全て、人事労務管理システムを導入することで効率化できます。
複雑な計算も最新の法改正への対応もシステムが自動的に計算してくれ、あとは自社の規程に沿って計算式設定を調整するだけ。
人事労務管理システムで、「スタッフが健康に働けているか?」「人員配置は適正か?」等の、より本質的な労務管理に注力できます。

人事労務管理システムの導入で失敗しない方法

給与計算や勤怠管理など、従業員の管理に関する煩雑な業務に多大な人的コストを費やしている企業は少なくないものです。大半の企業では表計算ソフトを使ってそれらの労務管理業務を処理していますが、汎用ソフトで従業員を管理するのは決して効率的なやり方とは言えません。専用の人事労務管理システムを導入することで従業員の情報が一元管理され、膨大な書類のペーパーレス化も実現できます。
とは言え人事労務管理システムには多くの種類があって機能もさまざまなだけに、初めて導入する場合は選ぶのが大変です。多数の支社や支店を展開する大企業には機能の豊富なシステムが便利ですが、中小企業には機能を絞り込んだシステムの方が適しています。人事労務管理システムの利用料金は月額制となっているケースが大半で、当然のことながら高機能のシステムほど料金も高額です。
無料プランのある人事労務管理システムも存在しますが、無料だと機能が制限されるため有料版には及びません。人事労務管理システムを導入する際には無料トライアル版のある製品を選び、一定期間試してみてから本格導入を検討するのが無難です。実際に使ってみて問題がなければそのまま正式契約を結び、自社に合わないと判断すれば別のシステムを検討することもできます。


ひろがる未来!労務管理をシステム化するなら「Direct HR」がおすすめですよ。住業員はスマホやパソコンにより、気軽にいつでも申請可能になります。

Information

スマホをいじる

人事労務管理システムを導入しよう

皆さんも感じていると思いますが、20年前と比べて便利になったことが多いと思います。家庭はもちろん、お勤めになられている会社でも以前と比べ、業務内容…

大量の書類

無料で試してから導入が可能な労務管理システム

人事労務管理システムへの移行で不安点を挙げるとすれば、そのシステムを実際に採用して人事や労務管理の現場がどう変わるのかということではないでしょうか。人事労…

時計

メリットが数多い人事労務管理システムとは

企業における日常的な業務として数えられるのが、労務管理や人事の仕事です。社員の入退社をはじめそれぞれ忙しくなる繁忙期があるのはもちろん、たとえ繁忙期ではな…

握手

人事や労務に関する業務を効率化させたいなら労務管理システムを

企業を運営していく上で欠かせないのが、従業員が快適に働くことができる環境を作る労務管理です。ただ、人材の採用や研修などの人事業務、労働時間の管理や給与計算…

Update Post

2019年04月24日
人事や労務に関する業務を効率化させたいなら労務管理システムをを更新しました。
2019年04月24日
メリットが数多い人事労務管理システムとはを更新しました。
2019年04月24日
無料で試してから導入が可能な労務管理システムを更新しました。
2019年04月24日
人事労務管理システムを導入しようを更新しました。